アイデアホイホイ〜3分のヒマつぶし

入れて出す、3分間・・・アイデアを、だよ?

アイデアホイホイセイレーン

発表することに意義がある

<発表することに意義がある>

人の評価というものは大事だ。でも、その評価に一喜一憂しすぎて疲れてしまうことがよくある。
SNSで「いいね」「リプ」といった反応のある無しに振り回されて疲れるのにも似ている。

アドラーさんが言っていた「課題の分離」みたいに割り切れるといいのかもしれない。
自分の行動は自分が決めていける。行動の評価は人が決め、自分では決められない。

YouTube、TikTokで動画を発表する。そこまでは自分。その後の評価は人。
X、ブログで文章を発表する。そこまでは自分。やっぱり評価は人。
stand.fm、Voicyで音声配信する。そこまでは自分で、評価は人。

引用は『成瀬は信じた道をいく』から。高知から三千円で京大受験に来たYouTuberの城山と成瀬との会話。

【引用】「スマホを持たない女子高生とか、めちゃくちゃ面白くない?」
「わたしは面白さのためにスマホを持っていないわけではないのだが」
「だめだ。三千円で京大受けてくるなんて企画、全然面白くない気がしてきた……」
城山はダイニングテーブルに両肘をついて頭を抱えた。
「いや、面白いかどうかは観た人が決めることだろう。城山が作り出した動画を発表することに意義があるのではないか」

【出典】株式会社新潮社『成瀬は信じた道をいく』P64 著:宮島未奈

人の評価というものは大事だ。
でも、その評価に疲れたり、取り憑かれたり、気にしすぎたり、恐れたりして、作った作品を発表できなくなるのはもったいない。

成瀬が言ってくれるように、発表することに意義を感じ、これからも書いていきたいと思う。